今月の一言

社会生活を送っている中で、悩みはつきものです。悩みのない人はいません。悩みの内容について分析すると、お金の悩みを除いて、意思決定する悩みより、対人関係に対する悩み、人に対する悩みのほうが多いのではないでしょうか?

現代においては、対人関係なしでは生活できません。必ず誰かと関わって生活するしかないのです。経済活動のまったく縁のない無人島でひとり暮らしをしている人は別にして、常識的には経済活動を通して人と関わっているのです。

対人関係が上手くいっているかどうかで、人生が決まってくるように感じます。人はみな人が言ったことに傷ついたり、悲しんだり、喜んだり、悩んだりするのではないでしょうか? どんなに悩んでいても人との関りを断つことは出来ません。

考え方がまったく合わない人、人を攻撃することを常態化している人、絶えず上から目線で自分age他人sageの人、嘘を言う人、騙す人、信じられないような人が世の中にいる事を知っておかなければいけません。どんな人間でも受け流すことのできるスルースキルが必要とされます。

手ごわい人と関わったことで悩み苦しんで人間は成長するとも言えるのではないでしょうか? 修羅場を通して人間は成長するのです。途中逃げることも選択肢であり悪いことではありませんが、ただ言えるのは、対人関係から逃れることは出来ないのです。

より幸せな人生を生きようとするならば、どのような対人関係をつくっていくかで決定すると感じます。
より良い対人関係をつくっていきたいものです。