今月の一言
問題発言かもしれません、気分の悪い方は読まないでください。

日本の報道がどんどん危ない方向に向かっていると気が付いている人はどれだけいるでしょうか? 真実を報道すべきニュースは解説者により都合の良いように捻じ曲げられて報道され、政治の世界も報道の仕方で、どのような方向にも向かわせることができる力を持っているのです。いとも簡単に情報操作できることを報道機関は知っているのです。

 選挙の結果においては、テレビのワイドショーで決定されると言って過言はありません。政治家も報道には頭が上がらない状態で良い政治がおこなえるでしょうか? あまりにも報道の力が巨大すぎるのです。報道が政治を動かして、日本を良くしていくのなら納得はしますが、現実は逆の方向に向かっているのです。日本の政治家に影響を及ぼす権力を手に入れているのではないでしょうか?

 いたるところに隣国の工作員が日本に入り込み、いつまでも戦争責任の話題を持ち上げ、隣国の被害者ビジネスを成功させるために、日本を悪者にしようと洗脳し、日本を衰退させることで、中国や韓国の経済を発展させようとしています。

 世界にも、反日活動家は大勢いて、少女像(慰安婦像)をあちらこちらに建立させています。米国でも台湾でも慰安婦問題でデモや記念行事をおこなっています。本気で解決することを目的にするのではなく、ゴールがなく、慰安婦を政治問題にすり替えて、外交を有利にしたいのです。

 以前から、報道や芸能、政治家に入り込み、隣国の力が影響を及ぼしていて、決して隣国へ刺激の与えない様に配慮した報道ばかりです。A新聞は安倍政権と生きるか死ぬか、潰すか潰されるかの戦いをすると腹をくくったようです。朝日(チョウニチ)新聞をはじめ各新聞の記事に洗脳されない必要があるのではないでしょうか?

 〝日本は日本人の為だけにあるのでは無い″とか〝外国人参政権を認める″とか〝改憲反対″とか〝外交問題、領土問題は対話よる対話で″とか〝天皇制廃止″とか〝働き方改革″とか〝教育改革″とか等々・・・ 日本人としての誇りや素晴らしさをどうやったら否定できるのか? 努力しない日本人を作り上げるか? 仕組んでいるとしか考えられません。

 米国やEU諸国についても、日本と中国、韓国ともめていた方が、外交的に有利に運ぶと考えているのです。米国は本気になって慰安婦の問題を解決してくれません。自国で何とか解決しないといけないのです。政治家のなかにも、中国や韓国に通じている人はかなりいます。野党ばかりでなく自民党のなかにも多くいるのです。日本人による日本人の為の政治や報道をおこなってもらいたいものです。

物事の本質がどこにあるのか? 単に報道に流されるのでは無く、夢や希望の持てる社会をつくるためのも、見る目を鍛える必要があるのではないでしょうか? 日本人として喜びと誇りを持って生きていきたいものです。