今月の一言

今年も終盤にかけて工事量が増えてくると予想されているなか秋口から

スタートする物件の見積もりが増えています。正しい判断で受注をしていきたいと考えていますが、いつも『やるか、やらないか』悩んでいます。どうしても『できるか、できないか』と考えてしまって決断が鈍ってしまうことがあるのです。

 

『できるか、できないか』と考えている時は、決断できません。できない理由がたくさん出てきて不安になるからです。大切な事は『やるか、やらないか』を決めること『やらない』ところからは何も生まれません。『やる』と決めた以上は、全力投球でやる事が大切なのではないでしょうか?

 

自分自身に言い聞かせている部分がありますが、いろんな意味でチャレンジして成長していきたと考えています。できない理由を探していくより、できる方法を考え出していく前向きさが大切なのではないでしょうか? お客さんは、絶えず無理難題を言ってきます。解決する方法は一つではないはずです。知恵と工夫を最大限考え出して、この時代を乗り切っていきたいものです。