今月の一言

もしも・・・非難、誹謗、中傷、悪口を言われたらどうします?

どうしましょう?

[悪口を言われた時]の対処法を、お釈迦さまにならいましょう♪

お釈迦さまとお弟子さんたちが托鉢して歩いている時のことです

ある町民が文句を言ってきました

『お前たちは托鉢と言いながら、人に物をもらって生きているじゃないか!

俺たちはこうして額に汗して働いているのに』と、悪口が延々と続きます

お釈迦さまは黙って聞いておられました

そのうち、町民が言い疲れて黙るとお釈迦さまは聞きました

「言いたいのはそれだけですか?」

『そうだ』

「そうですか、ではさようなら」と、その場を立ち去りました

しかし、お弟子さんたちは納得出来ず

「お釈迦さま、どうして黙っていたのですか」と詰め寄ります

お釈迦さまは「お前たちは、誰かが毒蛇を持ってきたら受け取るのか」と聞きます

お弟子さんは「まさか、受け取るわけがない」と言うと

釈「受け取らなければ、その毒蛇はだれの物になる?」

弟「持ってきた人がそのまま持ち帰るしかないでしょう」

釈「そうだろう。だから先ほど私は悪口という毒蛇を受け取らなかったのだ。

悪口という汚れた心は、あの人が持って帰ったのだよ」

 

現在、社会生活を送っている場面では、いろいろな変化球で、悪口が耳に入ってくる事があります。

私自身が綺麗な心を持っているとは言いませんが、悪口という汚れた心を育てないようにしたいものです。