今月の一言

政権が自民党に移って、日本国内が景気上昇に期待を寄せる中、我々建設業界がどのように変化していくのか関心が高いのではないでしょうか? アベノミクスは一部の評論家を除けば、おおむね良い評価を受けており、実際に円安・株高になったのは、安倍政権に移ったからだと言えます。補正予算では公共投資は大幅に増額されており、期待は益々膨れ上がっています。ただ、我々内装工事に至るまでは、もうしばらく時間がかかりそうです。

3年前、民主党に風が吹いてきたとき、多くの自民党の議員が離党し、選挙に勝つ為に民主党に移りました。今度、自民党の風が吹いた時も、選挙の事を考え民主党を離党した人も多かったと感じます。民主党の時代、落選しても自民党に所属して支えてきた人は、苦労が報われたのではないでしょうか? 目先の当選だけを考えて党を転々とする人の結果が良くなかったのは当然だと感じます。

我々1次下請業者も、お客さまに対して注意が必要です。単純に値段が合わないという理由から、現場を断ってしまうと、取り返しのつかない事になりかねません。粘り強く交渉していく必要があります。

また、新規開拓も行っていきますが、忙しい時だけの都合の良い業者にはなりたくありません。守るべき得意先を守りながら、継続的に仕事を頂けるお客さまを増やしていく必要があるのではないでしょうか?