今月の一言

 

3月の決算を向かえる企業は多いと思います。ゼネコン関係、商社、メーカーがそろそろ決算の数字が出てきます。まだ正確な数字は解りませんが、1年前、2年前の最低の売上利益からは脱出したように思えます。我々も時代の流れを読む為にも業界の数字等に注目していきたいものです。

 

そこで、注目したいのが、メーカー○○石膏さまのこの地区の目標設定です。いつもデーターに基づき数字を出されているので、大きく外れる事はありません。石膏ボードの出荷量がベンチマークとなり当社との売上の比較が出来るからです。前年度対比105~110%増を見込んでいるようで、今期この地区の工事量は期待したいところです。

 

工事量が増えるからと言って、浮かれている場合ではありません。未だに、厳しい単価競争が予想されますし、何より、本当に技術力を持って良い仕事をしていかなければ、次の仕事につながっていきません。

 

我々は誰よりもいい仕事をして、お客様に喜んでもらい、継続的に仕事を頂くのが目的です。現場では、いろいろな障害になる問題が必ずあります。お互いの立場を認め合い、一緒に問題を解決したいという共感する気持ちを持つことが出来れば、長い付き合いになっていくはずです。少しでも良い方向に持っていこう!もっといい方法があるのではないか?という気持ちを絶えず持ち続けていたいものです。