元請けに提出する安全書類に社会保険加入状況の欄が追加されました。

対象は作業員(親方、子方も含む)全員です。

今すぐ、各自保険の加入状況を確認し加入されてない場合は至急、加入手続きをとってください。

一人親方は国民健康保険国民年金の加入が必ず必要となります。

国民健康保険の加入手続きは各市区町村の国民健康保険の窓口、また組合国保に加入される場合は愛知建連、建設国保、建設連合などがあります。

国民年金は市区町村の国民年金担当窓口で加入手続きを行っています。お手数をおかけしますが、加入手続き後は各被保険者証の写しを当社業務課(市橋)まで提出して頂きますようお願い申し上げます。

尚、雇用保険に加入している方も併せて被保険者証の写しの提出をお願いいたします。

 

 

今後の方向性として、

  1. 保険未加入の協力会社とは契約しない。
  2. 保険未加入の建設労働者の入場を認めない。  左記のような社会保険未加入問題の件では、いろいろな意見があると思います。国土交通省が決めた事に対して批判する人もいることだと思います。しかしながら、ルールが決まった以上、条件はみんな同じです。
  3. 当面は、元請けに提出する安全書類関係の要求が高度化され、また複雑になり整備が必要になってきています。そして、ルール(規則)が変われば、戦略も変わってきます。現在は情報に振り回されている状態ですが、しかるべき時に備えて、準備だけは怠らないようにしたいものです。
  4. とあります。元請の安全書類の審査が厳しくなる事が予想され、それに向けて協力(早急に提出)して頂く様、よろしくお願いします。